人相学「目が一重瞼だと!?二重、三重だと!?」

目は口程にモノを言うとは、
よく知られたフレーズですね。

そして、

目を防御する瞼(マブタ)も
一重、二重に奥二重、三重瞼があったりと、
様々な形が存在します。

この記事ではそんな瞼から分かる
特徴を書き記して行きましょう。

スポンサーリンク

まずは、一重瞼から。

人相学では、一重瞼の持ち主は感情より
論理性を重視するタイプと判断します。

常に冷静な面を持ち、
感情に流されるコトは少ないでしょう。

じっくり考えてから行動する熟慮タイプで、
決断するのに時間がかかる面もありますが、
間違いは少なめです。

強靭な意志と忍耐力を秘めているので、
一度決めたコトは、何としてでもやり遂げようとするでしょう。

対人関係には、
少し距離を置いて付き合う傾向がありますが、
一度信頼した相手は、決して裏切らないタイプ。

愛想が今イチな所もありますが、
男性の場合は好きな女性に対して、
一途な優しさと思いやりを示すでしょう。

一重瞼の女性は、自分の恋愛感情に
ブレーキをかけてしまう傾向があります。

続いては、二重瞼です。

二重瞼の持ち主は、
一重とは対照的に即断即決のタイプ。

思考より感情を重視する為、
あれこれ考えずに行動出来る
スピーディーさを兼ね備えてます。

当然、思慮の浅さが原因での失敗も多いのですが、
気分の切り替えが早く、基本前向きな為、
引きずるコトはほとんど無いでしょう。

二重瞼の女性で、目頭の接点がくっついてる人は、
意外と恋愛には警戒心が強い面もありますが、
目頭の接点が離れている女性は、恋愛に関しては積極的な相。

目頭と目尻、両方が接してない二重瞼の女性は、
異性の気持ちを巧みに転がす、
魔性の女の傾向があるでしょう。

スポンサーリンク

次は、奥二重です。

人相学における奥二重の持ち主は、
一重瞼と同様、我慢強さを持つ人。

加えて、機転がきくタイプでもあります。

人間関係においても、
押しつけがましい態度はとらず、
相手に合わせられる人でしょう。

世渡り上手で、
人を和ませる才能の持ち主ですが、
嘘が上手いと言う特徴を秘めています。

最後は、三重瞼を見てみましょう。

人相学では、
三重瞼を小鳥眼と言い、
浮気者の相とされます。

集中力にかける面があり、
思いつきや衝動的に行動する傾向が。

また、この相の持ち主は、
基本痩せている人が殆どです。

その為、体力的に弱い面があるでしょう。

人相学の一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ