人相学「目がたれ目だと!?つり目(キツネ目)だと!?」

あくまで一般的なイメージですが、
たれ目の人はおっとりとした印象を与え、つり目がかった、
いわゆるキツネ目の人はどこか性格がキツそうな印象を与えがちです。

では、実際はどうでしょうか? 

この記事では、たれ目の人・つり目の人の特徴を、
人相学の見地から紐解いていきましょう。

スポンサーリンク

まずは、たれ目の人から。

人相学の知識の目から見ると、
たれ目の人は喜怒哀楽を
ストレートに出さない相と見なします。

素直さと協調性が高く、
周囲から好意的に受け入れられやすいでしょう。

そのような特徴があるコトから、
1人でやるスポーツや作業よりも、
集団競技や会社の様な組織社会の方で、
活躍しやすいタイプとも言えます。

基本的に控え目な人ではありますが、
実はかなりやり手の気質。

自分に自信を持つコトにより、
潜在能力が開花しやすい傾向があります。

その為、よき友人やパートナーな持つと、
人生をより楽しく過ごせるコトでしょう。

たれ目の人は、
20代くらい迄は他人を見る目が育っていない為、
人間関係で悩みやすい傾向が。

しかし、

35歳以降になると人間味も高まって、
安定した運気となっていくでしょう。

但し、男性の場合は女性からのお誘いを、
受けやすい面を持っています。

苦手なタイプなら、
感情をハッキリ現すコトも必要でしょう。

スポンサーリンク

続いて、つり目の人の特徴を記していきます。

人相学において、つり目(キツネ目)の人は、
たれ目の人とは反対に、
喜怒哀楽をストレートに現す相とされます。

プライドも相当に高い傾向にあり、
勝ち負けにこだわる気質から、
人間関係で騒動を起こしやすい面が。

その反面、他人の力を当てにせず、
自力で道を切り開いていく逞しさを持っています。

多少の強引さはあるモノの、
本来は正直者で、明るい気質の持ち主。

勇気もあるので、
何事に対しても積極的に取り組む、
起業家体質でもあります。

人相学において、
つり目(キツネ目)の人は、
35歳~40歳の間に大幸運期が訪れる相と見なされます。

その5年間にどれだけ考え、
行動するかによって、
今後の人生が変化して行くでしょう。

人相学の一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ