人相学「目の色(赤い、茶色い)だと人を裏切る!?」

カラーコンタクトの浸透により、
瞳の色さえも変えられるオシャレは、
一般的にも普及して来ました。

しかし、

あなたの周りに、
カラコンを付けている訳でも無いのに、
目の色が赤い、もしくは茶色い人はいませんでしょうか? 

この記事では、そんな目の色について、
人相学の見地も踏まえて取り上げてみましょう。

スポンサーリンク

目の色の違いは、
体内にあるメラニン色素の量の違いによって、
生じるとされます。

白人の様に肌の色が薄いと、瞳の色も薄くなり、
それで瞳がブルーやグリーンに見える理由でもありますが。

先に、赤い目をした人は周囲にいますか?

と、尋ねましたが、赤い瞳の持ち主は、
世界中探しても非常に少なく、
人口の0、001パーセントとされています。

蛇足ですが、赤い瞳の理由として考えられるのは、
メラニン色素の大量の欠如で、血液の色が見えてしまうコトから。

この現象は、先天性白皮症(アルビノ)と呼ばれています。

では、充血にも見える、
白目が赤くなってる人の運気はどうでしょうか? 

人相学において、

”白目の充血は、
人間関係のトラブルを暗示する”

とされています。

白目の目頭部分が赤くなってきた場合は、
家族や親戚間でのトラブル(金銭や住居・不動産問題)の傾向。

白目の外側部分が赤いと、
職場や恋愛に関する対人トラブルを暗示しています。

なお、白目の両側が充血している場合は、
これまで見てみぬフリをしていた対人関係のトラブルが、
悪化している兆候。この状態が起きてる場合は、
人との接し方にはくれぐれもご注意を。

では次に、茶色い瞳の人の特徴を見てみましょう。

スポンサーリンク

茶色い瞳の持ち主は、
先祖の血統にロシア人の血が入ってきたからとする、
遺伝的要素が強いと言われています。

一般的な日本人の黒い瞳
(正確にはダークブラウンの瞳ですが)に比べると、
眩しさに弱い特徴がありますが、
黒い瞳よりも進歩的・独創的な気質も強いとされます。

色彩感覚にすぐれているので、
画家やデザイナー、カラーコーディネーター、
美術関係、写真家などに向いているでしょう。

ただし、

人相学から見ると、
伏し目がちで眼光の鋭い茶色の目は、
平気で人を裏切るとされます。

その為、この相の持ち主には、
注意した方がいいでしょう。

人相学の一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ