人相学「目の下のたるみ、しわ、クマがあると!?」

どんなに美しい瞳の持ち主でも、
目の下にたるみやしわ、クマなどがあれば、
せっかくの魅力も半減してしまうでしょう。

整った顔立ちならば、なおさら影響が出てくる怖れも。

この記事では、目の下のたるみ、
しわ、クマが出てくる要因と、
人相学から見た影響について、紐解いてみましょう。

スポンサーリンク

 
目の下にたるみや、しわ、クマが出てしまうと、
人相学に精通して無くとも、お疲れ気味に見えてしまったり、
実年齢より老けて見られがちになります。

これらの現象は、
大体40代前半頃から出てくるのが一般的ですが、
早い人では30代頃から出始めて来るでしょう。

目の下のたるみやしわ、クマの原因として、
まず考えられるのは、老化です。

皮膚内の保湿を請け負うコラーゲンやヒアルロン酸が、
年齢を経て少なくなっていくことが、理由として挙げられます。

では、目の下のたるみが、
若い内から出てくる人がいるのは、
何故なのでしょうか? 

それは、長時間のスマホや
パソコンなどの使用に関連して来ます。

長い間、パソコン画面を見続けて、
まばたきの回数が減少するコトで目の筋肉が凝縮されてしまったのが、
若い内からのたるみの原因と見られています。

スポンサーリンク

また、しわの場合は目の下が
乾燥しやすい箇所であることに加えて、
紫外線によるコラーゲン破壊や、
花粉症などによる目の痒みから来る無意識の目のこすり。

更にはコンタクトレンズの装着や、
取り外しの際の目の引っ張りも原因とされ、
クマの場合は、目の周りの筋肉がゆるみ出すコトにより、
下瞼奥の脂肪である眼窩(ガンカ)脂肪がせり出し、
それが黒い影となってたるんだクマとなると言われています。

もちろん睡眠不足や、姿勢の悪さなどが、
原因となるのは言うまでもないでしょう。

詳細は別項にて記しますが、目の下の膨らみは、
人相学においては体力の有無や異性運の高さを判断する箇所。

この箇所にたるみやしわ、
クマが目立てば当然、
運気も下がる傾向にあります。

目の周りのケアの為の、筋肉をほぐすエクササイズ、
表皮の下のコラーゲンの水分補給、意識的なまばたきなどは、
美容の意味ももちろんですが、運気を上げる為にも、
必須の生活習慣と言えるでしょう。

人相学の一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ