人相学「目が小さいと!?目が細い(切れ長)だと!?」

前回の記事で、運気を上げる為には、
目の相を良くするコトが大切と記しました。

⇒前回の記事はこちら

個人にもよりますが、
美容整形を施す場合、
やはり注目がいくのは目の箇所。

目をパッチリ大きくしたり、瞼を二重にする例が多いですし、
整形とまではいかなくとも、アイプチやカラコンなどで
目を大きく見せる方法は多いです。

では、目が小さい人の場合、
特徴や運気はどのようになってるでしょうか? 

この項では、それらを紐解いて行きましょう。

スポンサーリンク

人相学における目の小さい人(文字通り目安となるのは、
目の大きさの標準28~30ミリより小さい目)の性格は、
消極的な面が強いとされています。

人付き合いに対しても、それほど活発とは言えず、
むしろ苦手な傾向が強いでしょう。

自己主張やPRよりも、
自分自身の内面を磨くコトが興味が行きがちです。

その為、意外な特技や知識、
実力を備えてる人も、
目の小さい人には多い様です。

それは、コツコツと努力を積み重ねるコトに対して、
目の小さな人は余り苦にならない粘り強い精神があるから。

一度取りかかったコトは、
どんなに時間を費やしても、
途中で諦めたりはしないでしょう。

人相学においては、
目の小さい人の幼少時は、
運に恵まれにくい傾向があるとされますが、
年齢を重ね、家庭を持つなどすると、
運気も上昇して行くでしょう。

では、同じ目でも細い目、
いわゆる切れ長の目だと、
性格や運気はどのように変化して行くでしょうか?

スポンサーリンク

人相学においては、細い目の持ち主は、
ファジーで曖昧さのある感覚よりも、
現実的思考を充実感するとされます。

影響もあり、細い目の持ち主は思慮深く、
冷静な判断力を備えた、頼りになる人物と言えるでしょう。

切れ長の目は、
その外見からクールな印象を与えがちですが、
実際は心温かく、心穏やかな人が多い様です。

但し、切れ長の目が余りに細いと、
思慮深さと内に秘めた穏やかさが要因で、
苦労性の面が強くなるでしょう。

男女共、目が細い場合、
情の深さと意志の強さが合わり、
仲間であれば、何より心強い人と言えます。

目の細い人も、中年期以降、
運が上がって行くでしょう。

人相学の一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ