人相学「男性、女性で診断方法は同じ?人相は変わる、変わらない?」

俗に、女性は恋をするとキレイになると言います。

それは、彼氏を意識してメイクをバッチリ決めたり、
服装もお洒落にまとめた成果と言えますが、
人相自体が変わったからかも知れません。

 
ですが、男性で彼女が出来たからと言って、
風貌が格好よくなったとか、
そんな話は余り聞かないかと思います。
 
変化のあるなしに差があるコトを考えると、
人相学の診断基準を、男女共に同一とするのは、
疑問に感じる意見もあるでしょう。

 
そこでこの記事では、人相学の男女間での診断基準、
そして、人相は本当に変わるのか? 変わらないのか?

それらについて、紐解いて行きましょう。

スポンサーリンク

 
古典的な占学・陰陽二元論では、
男性は陽(日)の気、女性は陰(月)の気を持つとされます。
(これは、男性が明るくて女性が暗いとか、性格の意味ではありません)
 

また、これまでの記事で取り上げた、
人相、ほくろ占いに関しても、同じ相やほくろがあったとしても、
人相学での診断が異なる場合があります。

例えば、過去に取り上げた
目の左右の大きさが非対称な相(雌雄眼)は、
女性ならモテる要素と診断されますが、
男性ならそうとは限りません。

⇒目の大きさが異なると?

また、額や目の周りにあるほくろの位置についても、
男性と女性では意味合いが左右で異なっているコトを、
過去の記事でも記したとおりです。

もちろん、共通項も多々あるのですが、
この男女間の違いは、身体的な構造、
脳の考え方の違いと言った精神的構造の違いなども、
影響されているのでしょう。

(これは能力の男女間の優劣さと言う意味ではなく、
あくまで役割の違いと言った意味です)

 
特に男女間のモノの考え方、とらえ方の違いが、
人相学の診断基準に現れると考えられます。

 
一概には言えませんが、女性の方が、
男性よりも腕力や体力に劣る分、
防衛本能や変化に対する適応力が高いので、
長生きする確率も高まるかと思われます。
 

肌の衰えなども、
残念ながら女性の方が変化が早いのでしょうが、
敏感な分、人相も含めて、変わる力も高いと言えるでしょう。

スポンサーリンク

男女共に、共通して言えるのが、
人相は変わる!と言うことです。

 
自らをもっと良くして行こう、
運命を変えていこうとする気持ちから習慣が変わり、
習慣が変わるコトから、態度や行動も変わっていきます。

行動が変わるコトから人相も輝く様に変わり、
結果運命も変わっていくでしょう。
 

ただし、男性の方が、

”変わらない、
変わりっこない!”

と言う既成概念が強いので、
変わりにくい要因となってる様です。
 
占いを信じるのが、女性の方に多いのも、
人相の変わる、変わらないの影響に、
差が現れてるのかも知れません。

人相学の一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ