人相学「口が曲がっている(歪み)と!?口がでていると大雑把!?」

人相学では、心毒の相と言う概念が存在します。
 
これを要約すると、
真実を発しない言葉には、
毒が含まれると言うコト。

心にも無い言葉を出し続けるのは、
人相にも悪い変化をもたらすコトを意味しています。
 
では、口が曲がる、歪みなどの症状は、
運勢にどのような影響をもたらすのか?

また、出てる様に見える口が現す特徴とは?
この記事で、紐解いて行きましょう。

スポンサーリンク

 
冒頭で述べました心毒の相が、
顕著に現れたのが曲がっている口、
つまり歪みと言えるでしょう。
 

ハッキリと分かる口の歪みは、
人相学上でも協調性に欠けた相と見なされます。

その原因は、
ひねくれたモノの言い方や、
虚勢を張る喋り方に原因が。

曲がっている口は、
話す内容と本音のズレが激しすぎる為に起こると、
人相学では見なしています。
 

その為、口の曲がっている人が企業や組織のトップに立つと、
その進路にも歪みが生じ、
道行きに暗雲が立ち込めるコトでしょう。
 

歪んだ口の持ち主は、
心の中に無理が生じている(毒が溜まっている)状態故、
寝首をかかれはしまいか、非常に警戒心が強い面があります。

その為、限られた人にしか、
心を開かない傾向があるでしょう。

心の葛藤が激しく、
精神エネルギーが消耗しやすい為、
疲れやすい一面もある様です。
 

左右どちらかの唇が、
つり上がる様な口調で喋る人は見栄っ張りでしょう。

本人からすれば何気ない発言が、
”目上の人を怒らせて失脚する”
なんてコトもある相です。
 

スポンサーリンク

また、左右どちらかの口角が、
ギュッと下がる喋り方をする人は、
逆説や反論が得意な人の相。

批判が多い皮肉屋さんでしょう。

警戒心が強い為、
孤独になりやすい相と言えます。

もう一つ次は、
心毒の相の影響が現れていると思われる、
出てる口について、取り上げて見ましょう。
 

口が出てる様に見える人相は、
強い口調の言葉を発し過ぎるが故に、
前歯が浮かび上がって来ていると解釈出来ます。
 
つまり、口が出ている人相は、
それだけ攻撃的な口調で喋っている傾向が。

 
この相の持ち主は、基本雄弁で、
思ったコトをすぐ口に出してしまう所がありますが、
深く物事を考えていない面もあり、
かなり大雑把な性質でしょう。

 
リーダーシップを強く発揮するタイプと言えますが、
細かい配慮が出来なかったり、
秘密を隠し通せない面が、
信頼関係を失う要因となるのでご注意を。

人相学の一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ