人相学「唇(口)が薄いと!?唇が厚いと情が厚い!?」

あなたの唇は、厚いでしょうか?
それとも、薄いでしょうか?

食べ物を含んだり、
言葉を発したりするなど、
口は体内と外部を繋げる大切な箇所。

また、目と同様に喜怒哀楽の表情を作り出す、
感情豊かなパーツでもあります。
 
この記事では、
そんな口の薄さや厚さから分かる
特徴を人相学から紐解いて行きましょう。

スポンサーリンク

人相学では、唇だけでもその人の性格が現れるとされます。
 

唇が薄い程、
物事に対する接し方が、
クールになりがちでしょう。

また、唇が厚ければ、情け深い性質が強くなります。

上唇は、他人に対して与える愛情の強さを意味し、
下唇は受け取る愛情の度合いを現します。
 
 
薄い唇の持ち主は、先述した通り、
情が薄いタイプです。

食欲などと言った、
本能的な欲求は少なめですが、
出世欲や権力欲と言ったモノはかなり高め。

頭の回転も早いので、
名誉をつかむ為に計算を働かせますが、
小心者で警戒心が強いコトがネックになる面が。

リーダーや経営者よりも、
参謀や秘書向きのタイプと言えます。

 

対して厚い唇の持ち主は、
人相学では情が深いタイプと見なします。

本能的な欲求も高く、
よく食べてよく眠るコトに喜びを見出す傾向が。

温かい真心を持って、
人に接する優しい性格なので、
異性、同性問わず好感をもたれやすいでしょう。
 

異性への接し方は誠実ですが、
愛情表現は情熱的で、意外と大胆な面も。

家庭運や、子供運にも恵まれている相です。

続けて、上唇と下唇、
それぞれの厚さについて見てみましょう。

スポンサーリンク

 
上唇の方が下唇より厚いのは、
先述しましたが与える愛情が強い人です。

人に尽くすのが好きな相であり、
恋愛でもこの面が出て来ますが、
厚すぎる唇は愛情も深すぎて、
言動がしつこくなりがちかも知れません。
 

いざとなったら、
自分の信念を曲げない強い意思と正義感の持ち主ですが、
鼻から上唇にかけて見られる2本の溝(人中)も深ければ、
ユーモアセンスも高めでしょう。

 
対して下唇の方が厚いのは、
愛情を与えられる姿勢が強い人。

人相学では愛される人の相ですが、
依存心が高めの傾向があります。

実は自己愛もかなり高めで、
自分を特別な人間だと思いがちな面があるでしょう。
 
情に流されがちな所もありますが、
ひらめきも豊かなアイディアマンの相。

上唇が薄いと、議論で持論を展開するのを好む様です。

人相学の一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ