人相学「ほくろが頬の位置にある意味は、負けず嫌いの相!?」

人相学において、
頬骨の周辺は本人と世間との関わり具合や、
職場の同僚との関係など、社会的な繋がりを見る箇所です。

では、その頬にあるほくろは、
持ち主にどのような意味と影響をもたらすのか。
この記事で紐解いて行きましょう。

スポンサーリンク

頬骨の上に位置するほくろは、
人相学において男女共に負けず嫌いで、
逆境に屈しない強い忍耐力を秘めているコトを意味します。

勝ち負けにこだわり、
競争も苦にならない所があるので、
リーダーの座にのしあがって行くタイプでしょう。

難点は、言わなくもいい余計な一言をつぶやき、
人間関係を壊しやすい点。

ほくろが頬の中心にある程、
自己中心で空気を読まない傾向が強まるでしょう。

また、頬にあるほくろは、
その位置から特徴の意味合いも異なってきます。

頬の向かって右上にほくろがある場合、
人相学では外見と性格にギャップがある相とみなします。

例えば、おとなしそうな風貌に反して、
もの凄く気が強い性格だったなど。

只、そのギャップが魅力となって、
意外と人気者になれる気質があるでしょう。

頬の右下付近にほくろがあれば、
繊細で神経質な傾向を現します。

用心深いので、
注意力や洞察力にも長けているでしょう。

反面、物事に対して過敏に反応してしまう所があるので、
大勢でワイワイと騒ぐのは苦手かも知れません。

能力はありますが、右下頬のほくろの持ち主は、
リーダーの役回りは、かなりの重圧となるでしょう。

スポンサーリンク

頬の向かって左上の位置にほくろがあれば、
努力家で負けず嫌いの相がより高まります。

周囲からの評判や信頼も上々で、
出世運もあります。

しかし、

完璧主義な気持ちも強く、
挫折に弱い傾向があります。

緊張をほぐす手段や物事に対して、
もう少し気楽に構えるコトが大切でしょう。

頬の左下にあるほくろは、
困難に耐えられる我慢強さに加え、
強い粘り強さが高まる相です。

打ち立てた目標は、必ず達成出来る力があるので、
その道のりがどんなに険しくとも、
最後には笑うコトが出来る人でしょう。

只、かなり執念深い傾向があります。

心のケアの為にも、
前向きに忘れていくコトも必要でしょう。

尚、右と左の2つの位置にほくろがある人がいます。

この2つのほくろは、
名誉、恋愛など欲しいモノがあれば、
あらゆる手段を駆使して
ゲットしようとする究極の野心家の相。

頬の2つのほくろは、

・人生に対する意欲
・情熱をかき立てる証

とも言えます。

なので、対人面でのトラブルには、
くれぐれもご注意をした方がいいでしょう。

人相学の一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ