人相学「ほくろが耳の位置にある意味は、金運ダウン!?」

あなたの耳に、ほくろはあるでしょうか?
 
耳は顔のパーツの中で、生まれてから亡くなるまで、
最も大きな変化がなく、メイクなどで整えるコトも無い唯一の箇所。

その為、ほくろがあっても無くても、
意識してない方が多いと思います。
 
ですが、変化の少ない耳に見えるほくろは、
あなたに秘められた幸運や可能性を意味します。
 
この記事では、その特徴を書き記して行きましょう。
 

スポンサーリンク

人相学における耳の箇所は、
その人が先祖から受け継がれた先天運、
知恵や勇気、金運などを意味するパーツとされています。
 

耳にあるほくろで最も分かりやすいのは、
耳たぶにあるほくろでしょう。

但し、耳たぶのほくろは、
お金の入りが良かったとしても、
晩年の金運が悪くなる傾向にあり、
財産は残せないとされる相。
 

黒々としてツヤがあるほくろ(活きぼくろ)ならば、
やりくり次第で財産は残せそうですが、
茶色やグレーに近く形がいびつなほくろ(薄ぼくろ)であれば、
お金の管理は信頼おける専門家に頼んだ方が、賢明かも知れません。

耳にあるほくろは、
内側や後ろと言った、
目立たない位置にある方が良相とされます。
 

耳の外側にある枠を、
人相学では耳輪(ジリン)と言います。

この耳輪の内側に活きぼくろがあれば、
ひらめきや発想力豊かなアイディアマンの証。

人がなかなか思いつかない考えを見いだす
明晰な頭脳の持ち主である為、
それが出世の糸口へとつながるでしょう。
 

ただし、対人関係の気遣いや根回しは、
少し苦手かも知れません。 

スポンサーリンク

 

耳輪と耳の穴の中間に位置する出っ張りを、
人相学では耳廓(ジカク)と言い、
積極性の有無や意志の強さなどを意味します。
 

目立たない耳廓の位置に活きほくろがあった場合、
生活習慣に積極性現れ、自らの意志で
活路を切り開く行動的な相を現します。

薄ぼくろであれば、
何事も行き当たりばったりで、
行動も消極的になりがちな傾向が。
 

また、飛び出す様に目立つ耳廓に活きぼくろがあれば、
負けず嫌いな努力家の証ですが、
我の強さが原因で周りとトラブルになりがちな面が。

協調性を意識すれば、
才能が開花しやすくなるでしょう。

 
また、耳廓にある活きぼくろは、
恋愛運に非常に恵まれる、
モテモテぼくろでもあります。
 
金運、健康運、愛情運など、
様々な運に恵まれる最もラッキーな証とされるのが、
耳の後ろにある活きぼくろです。

耳の後ろのほくろは、
特に金運に関する縁があり、
一生お金に困るコトが無い相とされています。
 

人相学の一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ