人相学「ほくろが鼻の位置にある意味は、怠け者の相!?」

顔のパーツの中で最も真ん中に位置し、
また、最も高い位置に存在する鼻。

その存在感は中心からずれた、
鼻の下や横に位置するほくろにさえも、
影響力を現しています。

この記事では、そんな存在感ある
鼻にあるほくろが意味するものを見て行きましょう。

スポンサーリンク

人相学における鼻は、
財運や中年以降の仕事運や対人運、
そして自分自身を意味するとされます。 

鼻のど真ん中に位置する鼻柱は、
自分の意志力の強さやバイタリティーを示す箇所。

ここに黒々とした活きぼくろがあれば、
男女共に気が強く負けず嫌い、
我も強い傾向を現します。
 

個性豊かな自信家である為、
周囲との摩擦が絶えない一面も。
 

実は、見えない所で必死に努力する背景に、
裏打ちされた自信でもあるのですが、
人間関係でのトラブルが多いと、
せっかくの努力や才能も報われないことを、
この真ん中のほくろは教えてくれます。
 

また、この位置のほくろは、
中年期からの呼吸器系や消化器系の不調や、
不倫や浮気などの異性トラブルを示す証なので、
中年期以降は、健康的な生活習慣を心がけて下さい。

鼻の横に位置する小鼻を、
人相学では金甲(キンコウ)と言います。

読んで字のごとく、
金甲は金運や仕事運、
ギャンブル運を意味しています。

金甲にほくろがある人は、地道に働くよりも、
ドカンと一気に稼ぎたい気質が強く、
よく言えば、ベンチャー精神に溢れた人。

悪く言えば、
あくせく働くのを嫌う怠け癖がある人です。
 

スポンサーリンク

鼻自体が大きく、横の小鼻がよく張り出していれば、
稼ぐ力は持っているので、ギャンブルや
サイドビジネスなどで一気に利益をつかむ可能性があるでしょう。
 

但し、鼻の横のほくろは、
出費が激しくなる傾向も高まります。

無駄な出費は避け、
その分を貯蓄に励むコトが肝心でしょう。
 
鼻の横、鼻柱寄りにあるほくろなら、
不動産を得るコトが金運アップにつながるとされます。

鼻の下から上唇にかけて刻まれている二本の縦溝を、
人相学では人中(ジンチュウ)と言います。
 
鼻の下の人中付近にあるほくろは、
子供運や異性運を意味する箇所。

人中にほくろがあれば、
女性なら子宝に授かりにくい相とされ、
また、生まれたとしても、男女共に、
子供の病気やトラブルに悩まされる傾向がある様です。
 

人中の横にあるほくろは、
男女共に恋愛や夫婦関係が長続きしない相。

他の異性に目移りし、
一人の相手では満足出来ない傾向が。
 

このほくろが、茶色やグレーに近く形も
いびつなほくろ(薄ぼくろ)の場合、
別れや離婚の際、泥沼状態となりやすいのでくれぐれもご注意を。

人相学の一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ