人相学「鼻が高い(上向き)だと?低い鼻(下向き)だと保守的?」

鼻は他人が気にせずとも、
本人が気になるコンプレックスが出やすい箇所です。

例えば、鼻が低いコトや、
鼻が上向きになっていることなどが挙げられます。

人相学から見ると鼻の高い、低い、
そして向きなどは、どう判断されるのでしょうか?

この記事では、それらを書き記して行きます。

スポンサーリンク

まずは、鼻の高い低いから見てみましょう。

 
人相学においては、
鼻の高さ=プライドの高さと判断します。

理想が極めて高い傾向があり、
自分に対す自信も相当なモノでしょう。

実際、頭脳明晰であり、
それに裏打ちされるかの様に、
何事も完璧を目指そうとする所があります。
 

鼻が高い人は、
向上心があり器用なので、
仕事運自体は高め。

ですが、難点になるは、
先に述べたプライドの高さと自分中心的な面です。 

他人に対しても、言葉の配慮のなさや、
上から目線の口調では、
対人面でのトラブルも起きやすすくなるでしょう。
 
鼻が高い人は他人に対して、
柔らかく顕著な姿勢を心がければ、
仕事も家庭も順調となる筈です。
 
 
対して鼻が低い人は、
プライドはそれほど高くはありません。

理想に関しても、何としてもこれをやり遂げたい!と言う、
強い情熱がある訳でもなく、
仮に情熱が湧いても長続きしない傾向あり。
 

鼻が低いコトは、
自分に対する評価の低さも現しており、
自分に対して余り自信がない傾向があります。 

しかし、

どことなく愛嬌があり、
人に威圧感を与えず接することが
出来る才能の持ち主でもあります。
 
与えられた作業は、
文句も言わずこなす働き者であり、
また協調性も高め。

その為、職場内や仲間内でも、
人気者になれる要素を多分に秘めているでしょう。
 
小鼻がよく張っていたら、
金銭的にも恵まれる相です。

自分の力と才能を信じて、
それらを伸ばしていけば、
自信も必ず高まって行くでしょう。 

続いて、鼻が上向きか、
下向きになってるかを見て行きましょう。

スポンサーリンク
 

鼻の穴が見える、上向きについた鼻は、
人相学では(良い意味で)ユニークな相と判断します。
 

上向きの鼻は、
常識にとらわれない、
柔らかい思考の持ち主です。

基本、楽観的であり、
ピンチをチャンスに変える強さがあるでしょう。
 

ただし、今を楽しむ気持ちが強すぎて、
遠い将来のコトを考えられない所が。

その為、金銭的にややルーズな面があり、
貯めるよりも浪費に偏りやすい面があるのでご注意を。
 
下向きの鼻の持ち主は保守的な所があり、
協調性は高いですが、
常識にとらわれ過ぎる所がある様です。

将来のことを心配し過ぎて、
お金にも執着しやすい傾向が。

お金貯めるのが得意なのに対し、
出費には抵抗を感じやすいかも。
 
鼻の低い人は、お金のやりくりは得意な筈なので、
必要な出費や付き合いの際は、
出し惜しみしないことが大切でしょう。

人相学の一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ