人相学「額が狭いと!?広い額だと天運の相!?」

不思議な話ですが額の広い子供は、
兄弟では長男に多い様です。

つまり、お兄ちゃんが額が広くて、
弟が額が狭いと言うこと。

理由は不明ですが、そんな傾向があるそうです。

では、その見た目はさておき、額が狭い場合や広い場合は、
運勢的にどのような違いがあるのか、
この記事では、それを紐解いて行きましょう。

スポンサーリンク

 
まずはじめに、実際にあなたの額の広さを計ってみましょう。

眉の上部に人差し指・中指の2本を、
横に置けることが目安となります。

この幅より額の幅があれば広い額、
狭いなら額も狭いコトになります。

人相学における額の部分は、目上の人との運と、
30歳頃までの初年運を現すとされます。

額の狭い人は、目上の人との意見が合わず、
残念ながら引き立てを受けにくい相。

人相学から見た額の狭いサラリーマンは、
上記の理由から出世が難しい傾向が。

社内では無駄な苦労が多く、
その割には評価を得られない所があるでしょう。

但し、人相学では額の狭さは人に頼らず、
自らの力で運気を開く相とされますから、
例えば飲食店や雑貨屋など、独立経営の道に入ると、
自らの技量・才覚で成功しやすくなるでしょう。

続いては、額が広い人の特徴を見て行きましょう。

スポンサーリンク

人相学において額が広いと、
天からの恵みを授かりやすい相とされます。

若い頃から額が広い人は、
運の流れが良く聡明でしょう。

少ない労力や工夫次第で、
大きな利益を授かるコトが出来る相。

サラリーマンなら目上の人から可愛がられやすく、
引き立ても受けやすいので、
出世するタイプと言えます。

頭が良い上に機転も利くので、
肉体労働より頭脳労働向きと言えるでしょう。

但し、額の広さが目立ちすぎると、
頭が良すぎて、却って物足りなさを覚えてしまう傾向も。

また、立派な額でもその運気が持続出来るのは、
初年運の時期・30歳頃までとみます。

それ以降の運気は、
自分の才能を磨き、努力の成果次第となるでしょう。

額が広くて、生え際がMの字に後退しているのは、
芸術的才能や文学的な素質を持つ相です。

集中力もあり、一つのコトをやり抜く力があるでしょう。

額の生え際が富士山のような台形になっていると、
自分の考えを余り表面に出さない人。

積極性に欠け、
何かと人に頼りがちな面もありますが、
家庭的で情には厚いでしょう。

人相学の一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ