人相学「眉間が広いと?狭いとせっかちで短気!?」

人相学では、眉と眉の間の箇所を、
命宮(メイキュウ)と呼んでいます。

命の文字が現している通り、
この箇所は運の強さや知性、
人望などを示す大切な部分。

眉間の広い、狭いも
人相学上では大きな意味をなしてきます。

この記事では、眉間の広さから分かる
特徴を紐解いて行きましょう。

スポンサーリンク

眉間の広さの幅を測る基準として、
指を2本縦にして入れば広い眉間、
入らなければ狭い眉間と解釈します。

眉間の部分は、
運気の流れを取り入れる重要な箇所であると、
人相学で解釈されてる為、
眉間の広さは成功者の証。

眉間が広い上に、
明るく輝くツヤが現れていると、
よりその傾向が強まるでしょう。

広い眉間の持ち主は、
基本的に陽性の気質があり大らかなタイプです。

細かいコトに落ち込んだり、クヨクヨしません。
陽性の明るさで、人を自然と惹きつける魅力があるでしょう。

但し、眉間が広すぎる上に、
肉付きに締まりがない場合は心も緩く、
お金の扱いや生活習慣に対するだらしなさが出てくる様です。

眉間の広さに加え、この箇所に黒々として
盛り上がりのあるほくろ(生きぼくろ)があると、
頭脳明晰で性格的にも強い面が強調されます。

けれど、その反面、体調のコンディションによって
運気の波が激しくなる傾向もあります。

スポンサーリンク

女性の場合、
バイタリティが高めなので、
専業主婦にも収まりきれないでしょう。

人相学では眉間の広さは、
気の長さにも比例するとされます。

すなわち、眉間が狭いとせっかちで気が短く、
ささいなコトでクヨクヨしたりするなど、
神経質な傾向が目立ってくる様です。

警戒心が強い為、人をなかなか信用出来ず、
それで人間関係につまずきが起きやすい面があるでしょう。

但し、眉間が狭くとも、
この箇所の肉付きが良いキレイな眉間だと、
集中力は高めでしょう。

眉間が狭い上にほくろがある、
眉がつながっているなどの特徴があると、
感情のコントロールが上手に出来ず運気が遠のいてしまう傾向が。

その場合は眉間の毛を剃りあげるコトで、
感情の落ち着きを取り戻せるでしょう。

人相学の一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ